スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 - 別のプルダウン方式のデータを掛け合わせるワケ

 16, 2014 20:34
OP のように、毎回同じ映像が流れるものに関しては、1 話分の映像ソースでエンコードするよりも、何話か録画してブレンドしたほうが綺麗な理由を書き綴ります。

放送局のエンコードの都合によって、同じ映像でもプルダウン方式が 3-2 だったり 2-3 だったりすることがありますが、両パターンの同一映像があれば、より綺麗なクリップを生成できる可能性が上がります。

以下の図では、網掛けのフレームがノイズが多いという過程で話を進めます。
実際の映像も、このように縞フレーム付近にノイズが乗ることが多いです。


■ 3-2 プルダウン


逆テレシネ前
3-2pulldown.jpg

DoubleWeave().SelectEvery(10, 0, 3, 6, 8)
3-2DoubleWeave_SelectEvery.jpg

逆テレシネ後
3-2p.jpg





■ 2-3 プルダウン


逆テレシネ前
2-3pulldown.jpg

DoubleWeave().SelectEvery(10, 0, 2, 5, 8)
2-3DoubleWeave_SelectEvery.jpg

逆テレシネ後
2-3p.jpg




上記の図のように、1本のソースではどう頑張ってもノイズフレームを混入してしまいます。
しかし、この 2 つのクリップ中の良質なフレームを掛け合わせることで、より綺麗なクリップが出来るというワケです。

3-2 は奇数、2-3 は偶数フレームに機会点がある、とパターンで覚えると捗ります。


2 つのクリップを掛け合わせるには、こちら の関数が便利です。





twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします


スポンサーサイト

Tag:3-2pulldown 2-3pulldown

COMMENT - 0



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。