スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VapourSynth - AVSのインポート

 10, 2012 23:31
テスト環境 →
VapourSynth r16
vsavsreader.dll
avisynth.dll (v2.6.0.3)

必須環境(引用
VapourSynth r15 以降
avisynth2.6alpha3 以降
sse2 capable 以降

## test.avs
last=DGDecode_MPEG2Source("C:\encode\encodeVS\test.d2v")
Spline64Resize(1280, last.height)
Spline64Resize(last.width, 720)
return last

## test.vpy
import vapoursynth as vs
core = vs.Core()
core.std.LoadPlugin(r'C:\Program Files\VapourSynth\plugins\vsavsreader.dll')
c = core.avsr.Import(r'C:\encode\encodeVS\test.avs')
last = c


Avisynth との連携方法は他にもあるようですが、今回はとりあえず *.avs のインポート
AvsPmodプレビュー画像を SSIM.exe で計算して貰いましたが
上記のスクリプトでは完全に一致。

他にも、いろいろフィルタをかけて計算したら 0.0003 くらいの差が出ましたが、何が悪さしているのかは未検証。
しかし、この程度なら気にすることもないですね。

今日は読み込みまで。エンコはまた今度


最新の vsavsreader
http://csbarn.blogspot.jp/2012/11/vsavsreader-6.html



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
VapourSynth - 第1回 環境構築
VapourSynth - 第2回 読み込み、CMカット、リサイズまで
VapourSynth - 第4回 コマンドラインでエンコード

スポンサーサイト

Tag:エンコード VapourSynth Avisynth SSIM

COMMENT - 0



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。