スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VapourSynth - 読み込み、CMカット、リサイズまで

 08, 2012 20:55
import vapoursynth as vs  
import sys

## Include
core = vs.Core()
core.avs.LoadPlugin(r'C:\encode\dgmpgdec158\DGDecode.dll')

## Load
c = core.avs.MPEG2Source(r'C:\encode\encodeVS\chu2_10.d2v')

## Trim
v1 = core.std.Trim(c,4139,8212)
v2 = core.std.Trim(c,10012,28772)
v3 = core.std.Trim(c,30571,50440)
v4 = core.std.Trim(c,52240,52688)
c = core.std.Splice([v1, v2, v3, v4])

## Resize
c = core.resize.Spline(clip=c, width=1280, height=720, format=vs.COMPATYUY2)

## Output
#~ c.output(sys.stdout, y4m=True)  # output
last = c              # preview



名前空間で管理されていて、呼び出しもJavaライクな構文なので
非常に分かり易い。


VapourSynth.dll のプロパティ、関数、定数一覧
http://www.vapoursynth.com/doc/pythonreference.html



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
VapourSynth - 第1回 環境構築
VapourSynth - 第3回 AVSのインポート
VapourSynth - 第4回 コマンドラインでエンコード

スポンサーサイト

Tag:エンコード VapourSynth

COMMENT - 0



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。