スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトウェア - シーンチェンジ検出 for Avisynth

 11, 2013 00:02
Avisynthシーンチェンジフレームを自動検出するスクリプトを作成しました。
検出には、隣接フレームの輝度差を参考にしています。

x264 でエンコードを行う際、I フレーム挿入量やビットレート変動量などを決めるときの参考値を取ることが開発の目的ですが、Trim コマンドも発行するので、用途は様々だと思います。

下記のような AVS を作成し、適当なオプションでエンコードすると、ログファイルが作成されます。
そのログファイルを AutoFrameDifference.exe に渡して結果をフォーマットしてください。

### 解析用 AVS ファイルサンプル

Import("AutoFrameDifference.avsi")

v =MPEG2Source("xxx.d2v")
a =bassAudioSource("xxx.aac")
AudioDub(v, a)

IT(fps=24)

AutoFrameDifference(logfile="xxx.log")

return last



### AutoFrameDifference.exe 実行サンプル

set afd="C:\encode\bin\AutoFrameDifference.exe"
%afd% --logfile xxx.log --skip true --skip_min 1 --output xxx.afd.log



### 出力サンプル
log.jpg

AVERAGE Y DIFFERENCE の値は、AutoFrameDifference 関数のしきい値と同じ単位です。
その他、引数の詳細などは同梱の Readme.txt を参照してください。


2013/4/11 計算ミスがあったので修正しました。



関連記事
ソフトウェア - シーンチェンジ検出 for Avisynth v0.4
ソフトウェア - シーンチェンジ検出 for Avisynth v0.3
雑記 - 2013Q2 シーンチェンジ検出のテスト結果


ダウンロード
シーンチェンジ検出_for_Avisynth_v0.2.zip

スポンサーサイト

Tag:自作 Avisynth シーンチェンジ検出 AutoFrameDifference

COMMENT - 1

Mon
2014.09.15
12:01

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。