スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 - AutoVFRを使ったATC2のテンプレート使用例

 25, 2013 19:13
ATC2 には複数テンプレート機能が存在します。
これは AVS テンプレートファイルを 1 度に何個でも生成することができる機能ですが
AutoVFR 用のログ作成に使う AVS と、エンコード用にフィルタリングした AVS を別々に管理する際に便利です。
このテンプレートをあらかじめ用意しておけば、実際の作業は以下のステップを踏むだけになります。

① TS を ATC2.exeドラッグ&ドロップ
キー入力を求められるので、doki と入力
自動で aviutl が起動するので、CMカットロゴ除去をして、生成された load.avs にコピペ
bat ファイル実行


以下は、フォルダの構成やテンプレートファイルの内容例です。

テンプレートフォルダ構成
フォルダ構成


ATC の設定
ATC2GUIの設定画面


ソースを読み込んで、Trim とロゴ除去までする AVS ファイル
( C:\encode\bin\ATC2\avs\doki\_load.avs )


### 外部ファイル読み込み
Import("C:\Program Files (x86)\AviSynth 2.5\avs\functions.avsi")

function load() {

### ソース読み込み
video =MPEG2Source("__vid__")
audio =bassAudioSource("__aud__")
AudioDub(video, audio)
DelayAudio(__del__)

### CMカット


### ロゴ除去


DwShift(true)

UnDwShift(false)

return last
}



実際にエンコードに使う AVS ファイル
( C:\encode\bin\ATC2\avs\doki\_enc.avs )


### 外部ファイル読み込み
Import("_______._load.avs")

### 読み込み
load()

### インターレース解除/逆テレシネ変換
Its(def="__def__", output="__tmc__", fps=-1, debug=false)

### ロゴのゴミ取り
LogoBlur("C:\encode\logo\EX.lgd")

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        諸々の画質補正処理
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

return last



AutoVFR 用の AVS ファイル
( C:\encode\bin\ATC2\avs\doki\_vfr.avs )


### 外部ファイル読み込み
Import("_______._load.avs")

### 読み込み
load()

### AutoVFR
Auto_VFR("_______.log" ,IsDup=true)

return last



一度のクリックで MP4 生成までする BAT ファイル
( C:\encode\bin\ATC2\bat\doki.bat )


@echo off
cd /d %~dp0
cd C:\encode

set avs2wav="C:\encode\bin\avs2wav.exe"
set neroaacenc="C:\encode\bin\neroAacEnc.exe"
set qtaacenc="C:\encode\bin\qtaacenc.exe"
set x264="C:\encode\bin\x264.exe"
set autovfr="C:\encode\bin\AutoVfr.exe"
set mp4box="C:\encode\bin\MP4Box.exe"
set EasyAlert="C:\encode\bin\EasyAlert.exe"
set ele="C:\encode\bin\EncLogEditor.exe"
set TextReplace="C:\encode\bin\TextReplace.exe"

set titlejp=ドキドキ!プリキュア
set tv=EX
set bit=1000
set bob=

set avs=_______._enc.avs
set vfr=_______._vfr.avs
set log=_______.log
set m4a=__m4a__
set def=__def__
set tmc=__tmc__

set file=%avs%.mp4
set num=%file:~-15,2%
set num=%num: =%
set cfile=%titlejp% 第%num%話 (%tv%).mp4

set cfg=C:\encode\matrix\20120512-04.cfg
set alert=C:\encode\bin\finish.wav
set folder=J:\encode\

echo .
echo **********************************************************
echo **
echo **
echo ** %cfile% のエンコードを開始します。
echo **
echo ** 現在時刻は %time% です。
echo **
echo **
echo **********************************************************

echo .
echo ***************************************
echo ** AutoVFR用ログ作成
echo ***************************************
%ele% --switch "AutoVFR用ログ作成"
%x264% --bitrate 50 --level 2.1 --me dia --trellis 0 --fast-pskip --no-weightb --b-adapt 0 --no-mixed-refs --partitions none --no-mbtree --no-dct-decimate --no-chroma-me --qcomp 0 --subme 0 --merange 4 --bframes 0 --ref 0 --aq-mode 0 --aq-strength 0 --psy-rd 0:0 --no-8x8dct --output nul %vfr%

echo .
echo ***************************************
echo ** AutoVFR
echo ***************************************
%ele% --switch "AutoVFR"
%autovfr% -i %log% -o %def% -skip 1 -30f 1 -60f 0 -ref 150 -DUP 1

echo .
echo ***************************************
echo ** bob範囲上書き
echo ***************************************
%TextReplace% %def% "\r\nend" "\r\n%bob%\r\nend"

echo .
echo ***************************************
echo ** 音声出力
echo ***************************************
%ele% --switch "音声出力"
%avs2wav% %avs% %avs%.wav

echo .
echo ***************************************
echo ** エンコード(音声)
echo ***************************************
%ele% --switch "エンコード(音声)"
%qtaacenc% --cbr 128 --samplerate auto --highest %avs%.wav %m4a%

echo .
echo ***************************************
echo ** エンコード(映像)
echo ***************************************
set OPT=--bitrate %bit% --cqmfile %cfg% --tcfile-in %tmc% --timebase 1001/120000 --ipratio 1.3 --pbratio 1.3 --qcomp 0.6 --qpmin 10 --qpmax 51 --qpstep 4 --scenecut 40 --min-keyint 25 --keyint 250 --8x8dct --partitions "i4x4,i8x8,p8x8,b8x8" --bframes 6 --b-adapt 2 --ref 9 --b-pyramid normal --mixed-refs --me umh --subme 9 --merange 64 --direct auto --threads auto --deblock -1:-1 --no-dct-decimate --trellis 2 --aq-strength 0.8 --psy-rd 0.7:0.0 --aq-mode 2 --rc-lookahead 40 --level 4.1 --asm AVX --ssim --psnr

%ele% --switch "エンコード(映像1)"
%x264% %OPT% --pass 1 --output nul %avs%

%ele% --switch "エンコード(映像2)"
%x264% %OPT% --pass 2 --output %avs%.temp.mp4 %avs% 2>%avs%.log

echo .
echo ***************************************
echo ** 映像と音声の結合
echo ***************************************
%ele% --switch "MUX"
%mp4box% -add %avs%.temp.mp4#video -add %m4a%#audio -new %mp4%

echo .
echo ***************************************
echo ** 一時ファイルの削除
echo ***************************************
if exist %mp4% del %avs%.wav
if exist %mp4% del %m4a%
if exist %mp4% del %avs%.temp.mp4
del x264_2pass.log
del x264_2pass.log.mbtree

echo .
echo ***************************************
echo ** ファイルのコピー
echo ***************************************
copy %mp4% %folder%%cfile%

echo .
echo ***************************************
echo ** ログ抽出
echo ***************************************
%ele% --in "%avs%.log" --out "%avs%.ele.log" --ssim --psnr --avgqp --8x8dct

echo .
echo ***************************************
echo ** アラート
echo ***************************************
%EasyAlert% %alert%





ATC2 実行後、ファイル群はこのようになります。

実行後のファイル群



これで、楽をして簡単にキュアダイヤモンドちゃんをぬるぬるエンコできます。
今回の記事は一例ですので、他にも良い使い方があったら是非教えてください。

ドキドキ!プリキュア キュアダイヤモンド



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.0 (AVSテンプレート機能拡張)
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.1 (AVSテンプレート機能拡張)
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.2 (AVSテンプレート機能拡張)

関連リンク
メモ置き場(AutoVFR作者ブログ)

ダウンロード
ATC2200_GUI.zip


引用元:TVアニメ「ドキドキ!プリキュア」
©ABC・東映アニメーション
スポンサーサイト

Tag:ATC ATC2 AutoVFR コマンドプロンプト エンコード GUI CLI 自作 C# DGIndex

COMMENT - 1

Wed
2014.02.12
01:16

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。