スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状況別フィルタリングのすすめ

 09, 2015 08:01
最初に言っておくと、私はNRフィルタが大嫌いなのですが
必要とあらば使用もやむなしと思っています。
ですが往々にして画質補正フィルターというのは副作用を内包していますので
必要最小限に留めておく努力が必要だと思います。

そこで、ノイズの種類に合った対処法というのを
私なりにまとめてみましたのでご紹介します。

基本的にApplyRangeなどで必要なフレームにしか使いません。




■ カラーノイズ
SmoothUV
1462b.png 1462a.png
ハイモーションエリアなどでよく見かける虹色のノイズです。
フィルタリングの副作用として色褪せが起きるので、必要なフレームにピンポイントでかけたほうが良いと思います。
放置するとビットレート食いの温床になるので、丁寧に取ったほうが良いノイズです。



■ マクロブロックノイズ
Deblock
f3kdb
1466b.png 1466a.png
MBノイズは放置すると非常に目立ち、平滑化するとディテールをぶっ壊すので対処し辛いですが
激しいシーンで一瞬だけ出てくるという場合には、思い切って均すのもアリだと思います。
f3kdbはデバンドフィルタですが、輝度差が少ないブロッキングに対してはそこそこ狙い通りの効果を発揮してくれます。
キャプのBefore/Afterではあまり違いが感じられないかもしれませんが、1倍速で再生したときの違和感はこれでもかなり解消されると思うのでお勧めです。
どうせフラットエリアでの出来事なので、mt_edgeなどでエッジを保護しながら使うと良いかもしれません。



■ コーミングノイズ
Vinverse
fPMD
967b.png 967a.png
ブロックノイズの中に見える縞々のノイズです。
放置すると汚いので対処します。
Vinverseでもいいですが、combmaskで対象エリアを拾ってfPMDをかけるとノイズを狙い撃ちできるのでよく使っています。



■ モスキートノイズ
fPMD(CombMask)
NL-Means
764b.png 764a.png
764a2.png
文字の周りなどで発生しやすいモスキートノイズ対処です。
やりすぎるとディテールを潰すので、fPMDはCombMask使ったほうが良いです。
AviUtlのNL-Meansも手軽でお勧めです。






状況に合わせて適切な対応を。


©sole;viola/Progetto 幻影太陽


スポンサーサイト

COMMENT - 1

Sat
2015.05.23
21:06

 #-

URL

なんだこの中学生でも出来るような記事はwww

Edit | Reply | 



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。