Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AutoFrameSelect のログレス版
使い方は、貼り付けて、クリップ a, b を渡すだけです。

function AutoFrameSelect_Fast(clip v1, clip v2) {
global sv1=v1.ConvertToYUY2().AntiComb(checkmode=true, pass1=16).ConvertToYV12()
global sv2=v2.ConvertToYUY2().AntiComb(checkmode=true, pass1=16).ConvertToYV12()
return ConditionalFilter(v1, v1, v2, "AverageChromaV(sv1)", "<", "AverageChromaV(sv2)")
}


機能は、2 つのクリップの内、綺麗なフレームを選んで出来たクリップを返すだけ。


別件ですが、フレーム単位の選択に留まらず、綺麗な"領域"のブレンド関数 FlexibleMerge を、ささみしさんが研究されているようで、非常に興味深い記事を書いておられます。
放送録画データの質が疑問視されている昨今、この分野が研究されていくことは非常に有意義に感じますね。


スポンサーサイト


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。