Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
putin さんから、こうしたほうがより良いのでは?というメッセージを頂きましたので
スクリプト貼っておきます。
putin さん、ありがとうございます。


function SelectField(clip clip, int num, string "order") {
fc=clip.framecount-1
order=Default(order,"bottom")
T1=clip.Trim(0,num-1)
T2=clip.Trim(num,-1).SeparateFields()
T2=order=="top"?T2.SelectEven().nnedi3(dh=true):T2.SelectOdd().nnedi3(dh=true)
T3=clip.Trim(num+1,0)
return (num>=fc)?T1++T2:(num>0)?T1++T2++T3:T2++T3
}



変更点
① リサイズを nnedi3(dh=true) で補間位置を調整。
② 最終フレームに適応した時、1f 増える現象回避。




関連記事
雑記 - フレームコピー関数を簡略化すれば作業効率がちょっとだけ上がる
雑記 - 片フィールドの提供文字ブレンドを回避する


スポンサーサイト
エンコードした動画のどのあたりに視線が行っているかを可視化してみました。



結構アバウトですが、大体いつもこんな感じ

動くものに視線が奪われがちですが、やはり背景も大事にしたいです。
赤いエリアを凝視して、調整を加えるようにしています。

ほんの一例…

引用元:TVアニメ「氷菓
(C)米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

Tag:エンコード 目視 可視化



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。