Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある方がふと呟いていたので便乗して作り始めて 3 日
javaAndroid SDK も初めて触るので悪戦苦闘中です。

似たようなアプリケーションは 有志の方によって google play 上に既に存在しましたが
どうせなら、某コメントサーバーとの連携とか、いろいろやりたいよねってことで。

プロトタイプ

VS + C# のほうが慣れているので、初めはそちらで開発環境を整えてたのですが
Android エミュレータ起動後、ソリューションのデバッグが上手くいかずに断念。

どうせ今後分からないことが発生したとき、ネット上の資料が不足して詰みそうなので
大人しく Eclipse + java で作ってます。

とりあえず暫くは頑張るけど、進捗も見通しも全く不明です。



関連記事
開発日誌 - コメント表示型の動画プレイヤー for Android (流れるコメントクラスの実装)
開発日誌 - コメント表示型の動画プレイヤー for Android (XMLを‘再生’する為のクラス群)
開発日誌 - コメント表示型の動画プレイヤー for Android (コメント速度の計算)
開発日誌 - コメント表示型の動画プレイヤー for Android (アイコン作成)
開発日誌 - コメント表示型の動画プレイヤー for Android (とりあえずそれっぽくなった)


スポンサーサイト

Tag:Android 動画 プレイヤー Eclipse コメント java

VapourSynth r9 以前の場合は vpy ファイルを x264 に渡す為に
一度 python を通さなくてはなりませんでした。
コマンドプロンプトではそのような処理のことをパイプと呼んでいます。

下記がパイプを使ったエンコード例

### enc.bat
python enc.vpy | x264 --demuxer y4m - -o enc.mp4

### enc.vpy
import vapoursynth as vs
import sys
core = vs.Core()
core.avs.LoadPlugin(r'C:\Program Files\VapourSynth\plugins\DGDecode.dll')
c = core.avs.MPEG2Source(r'C:\encodeVS\enc.d2v')
c.output(sys.stdout,y4m=True)

bat ファイルを上記のように記述すると、「|」の左側を先に処理し、その出力結果を右側に渡します。
vpy ファイルを直接 x264 に投げても x264 はそれがビデオデータだということが分からないので
python が通訳してくれるという解釈でとりあえず使えます。

python と x264 で、やり取りするデータのビデオ形式を統一する為に
vpy ファイル側では、出力パラメータの y4m=True を設定し bat ファイル側では
--demuxer y4m オプションを記述してください。
これによって、y4m(YUV4MPEG2 形式)としてデータの受け渡しが出来るようになります。


VapourSynth r10 からは、VFW モジュールの追加によって、vpy ファイルを DirectShow などを通して Windows 上でビデオデータとして扱えるようになりました。
その場合、vpy ファイル上で VideoNode インスタンスを last に代入してください。
そうするだけでコマンドライン上では avs と同様の扱いが可能になります。

下記がパイプを使わない場合のエンコード例

### enc.bat
x264 --demuxer avs -o enc.mp4 enc.vpy

### enc.vpy
import vapoursynth as vs
import sys
core = vs.Core()
core.avs.LoadPlugin(r'C:\Program Files\VapourSynth\plugins\DGDecode.dll')
c = core.avs.MPEG2Source(r'C:\encodeVS\enc.d2v')
last = c

--demuxer はデフォルトで auto なので、省略も可能です。

とりあえず出力するだけなら上記の2パターンで出来ました。
私も手探りで調べている最中なので、何処かおかしなところがあったら教えてください。

今後は高速化とか調べて見ようと思います…



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
VapourSynth - 第1回 環境構築
VapourSynth - 第2回 読み込み、CMカット、リサイズまで
VapourSynth - 第3回 AVSのインポート

Tag:エンコード VapourSynth x264 コマンドプロンプト パイプ

さくら荘のペットな彼女公式サイト
さくら荘のペットな彼女_title

毎回最終回? EDのイントロが本編に食い込んでくるアニメって、センスいいと思います。
ジョジョなんかもそうですね。
この手法を露骨に武器にし始めたのはガンダムSEED辺りですかね?
他にもよくあるパターンとして、最終回だけOPを最後に流したりね。これは昔からあるけど、視聴者の心を掴むの上手いよね。

鈴木このみさんの「DAYS of DASH」はウォークマンでエンドレスリピート中…
彼女は2011年(第5回)アニソングランプリ優勝者で、黄昏乙女×アムネジアのOPでデビューしています。
デビュー曲からすっかりファンになってしまいましたw




内容については、ちょいちょい挟んでくるギャグ要素も面白いし、ただ単純にラブコメるわけでもなく
しっかりキャラクターの内面や心情を描いているので、キャラクターへの愛着が湧きやすいです。

萌えアニメちっくな絵柄なのに、サブキャラにもスポットを当てて、性格であったり
感情なんかをしっかり描く事で、いい意味でギャップを感じさせて好印象を受けているのかもしれません。
このへんはとらドラなんかを彷彿とさせますね。

真面目な話とギャグ要素のバランスが私にはとても心地いいです。


さくら荘のペットな彼女

更にあと1クール続くので、これまで以上にキャラクターに感情移入すると予想。
ぐっと感動する話を見せて欲しいですね~。
この調子だと2013Q1が終わった頃も、さくら荘プッシュしてるかもw


↓↓お気に入りのキャラ↓↓

ななみん

引用元:TVアニメ「さくら荘のペットな彼女」
© 鴨志田一/アスキー・メディアワークス/さくら荘製作委員会

Tag:アニメ 2012Q4 さくら荘のペットな彼女

AviUtlプラグイン置き場 様が公開されている、Aviutl 用のプラグイン改造版です。
Avisynth 用のスクリプトを出力する代わりに、VapourSynth 用のスクリプトを出力するようにしました。

利用するにあたり、予め VideoNode のインスタンスを clip に代入してください。

### Avisynth Script
Trim(0,100)++Trim(200,300)



### VapourSynth Script
v1 = core.std.Trim(clip,0,100)
v2 = core.std.Trim(clip,200,300)

clip = core.std.Splice([v1,v2])




twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
ソフトウェア - TrimShift (Trim文を0開始に詰める)
ソフトウェア - Trimインポート (AviUtl プラグイン)

ダウンロード
trim_export_vs.auf

Tag:Trimエクスポート エンコード C# 自作 VapourSynth aviutl プラグイン

人類は衰退しました
Fate/Zero 2nd
アクセル・ワールド
氷菓
さくら荘のペットな彼女
ココロコネクト
ジョジョの奇妙な冒険
Another
黄昏乙女×アムネジア
ソードアート・オンライン

人退→ ノーマークだったけど良い意味で期待を裏切られた。是非2期を作って欲しい。クロコン修正してくれたらBD買う。

・Fate→ SN原作既プレイでアニメも見ていたけど、Zeroの原作は意地でも読まなかった。2クールも尺があって主人公と好敵手の対面が最終2話っていうじらしは燃えた!

・AW→ 全体的にバトルしててシナリオに弛みがなく、安定した面白さだった。唯一残念なのはラスボスが小物だったことくらい。もう2クールやって、違ったパターンの敵を出して欲しい。

・氷菓→ 学園祭編以外の短編が凄く面白かった。2期は10年後か…

・さくら荘→ 今のところ鍋以外は文句なし。そろそろキャラへの感情移入が強くなるのでぐっと感動させて欲しい。

・ココクト→ ドタバタラブコメディーかと思っていたら、意外とシリアスな話満載だった。作画がもうちょっとしっかりしていれば良かったと思ったけど、堀口絵けいおんを連想させて、脳内でハードル上げてるだけかもしれない。

・ジョジョ→ www

・Another→ ホラージャンル自体が少ないから注目度は高かったのかな?欲を言えばもうちょっと難解な謎解き要素があったら良かったかも。しかしながら雰囲気作りは素晴らしかった。

・アムネジア→ 夕子さんは俺の嫁。

SAO→ 1期の中後期は面白かった。原作未読だからストックのことは解らないけど、アインクラッド編だけで2クール使ってもっとサブシナリオ追加してくれたほうが、感情移入できたはず。

Tag:アニメ 2012年

テスト環境 →
VapourSynth r16
vsavsreader.dll
avisynth.dll (v2.6.0.3)

必須環境(引用
VapourSynth r15 以降
avisynth2.6alpha3 以降
sse2 capable 以降

## test.avs
last=DGDecode_MPEG2Source("C:\encode\encodeVS\test.d2v")
Spline64Resize(1280, last.height)
Spline64Resize(last.width, 720)
return last

## test.vpy
import vapoursynth as vs
core = vs.Core()
core.std.LoadPlugin(r'C:\Program Files\VapourSynth\plugins\vsavsreader.dll')
c = core.avsr.Import(r'C:\encode\encodeVS\test.avs')
last = c


Avisynth との連携方法は他にもあるようですが、今回はとりあえず *.avs のインポート
AvsPmodプレビュー画像を SSIM.exe で計算して貰いましたが
上記のスクリプトでは完全に一致。

他にも、いろいろフィルタをかけて計算したら 0.0003 くらいの差が出ましたが、何が悪さしているのかは未検証。
しかし、この程度なら気にすることもないですね。

今日は読み込みまで。エンコはまた今度


最新の vsavsreader
http://csbarn.blogspot.jp/2012/11/vsavsreader-6.html



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
VapourSynth - 第1回 環境構築
VapourSynth - 第2回 読み込み、CMカット、リサイズまで
VapourSynth - 第4回 コマンドラインでエンコード

Tag:エンコード VapourSynth Avisynth SSIM

import vapoursynth as vs  
import sys

## Include
core = vs.Core()
core.avs.LoadPlugin(r'C:\encode\dgmpgdec158\DGDecode.dll')

## Load
c = core.avs.MPEG2Source(r'C:\encode\encodeVS\chu2_10.d2v')

## Trim
v1 = core.std.Trim(c,4139,8212)
v2 = core.std.Trim(c,10012,28772)
v3 = core.std.Trim(c,30571,50440)
v4 = core.std.Trim(c,52240,52688)
c = core.std.Splice([v1, v2, v3, v4])

## Resize
c = core.resize.Spline(clip=c, width=1280, height=720, format=vs.COMPATYUY2)

## Output
#~ c.output(sys.stdout, y4m=True)  # output
last = c              # preview



名前空間で管理されていて、呼び出しもJavaライクな構文なので
非常に分かり易い。


VapourSynth.dll のプロパティ、関数、定数一覧
http://www.vapoursynth.com/doc/pythonreference.html



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
VapourSynth - 第1回 環境構築
VapourSynth - 第3回 AVSのインポート
VapourSynth - 第4回 コマンドラインでエンコード

Tag:エンコード VapourSynth

入門
 http://soranikakaruhashi.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

環境構築
 VapourSynth ダウンロード→ http://www.vapoursynth.com/
 python ダウンロード→ http://www.python.org/getit/releases/3.3.0/
 python 環境変数→ http://azcog.blog.shinobi.jp/Entry/404/
 AvsPmod ( v2.4.0 以降で vpy プレビュー対応)→ http://www.digital-digest.com/software/AvsPmod.html

拡張子は py → vpy が望ましい
・プレビューする際はクリップを last に代入しておく
・パス区切りはエスケープする(r'\', '\\', '/')
・vpy は UTF-8 ( BOM なし)

お役立ちブログ
 http://csbarn.blogspot.jp/



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
VapourSynth - 第2回 読み込み、CMカット、リサイズまで
VapourSynth - 第3回 AVSのインポート
VapourSynth - 第4回 コマンドラインでエンコード

Tag:エンコード VapourSynth Python 入門

コマンドプロンプトで、ジョブが完了した時に音を鳴らすソフトです。
ただそれだけ。

代替手段はいくらでもありますが、このソフトは名前の通り物凄くイージーです。



set ea = "C:\encode\bin\EasyAlert.exe"
%ea% "c:\sound\sample.mp3" 10




音声ファイルと、再生時間(秒)を指定してください。
再生時間は -1 または省略することで、最後まで再生します。
Enter キー入力で中断。

WindowsMediaPlayer再生できるファイルなら多分なんでも大丈夫です…。



関連記事
ソフトウェア - EncLogEditor (バッチエンコ処理のログを集計する)
ソフトウェア - 棒読みちゃと喋りながらTSを処理するバッチプログラム

ダウンロード
EasyAlert.zip

Tag:EasyAlert エンコード コマンドプロンプト CLI 自作 C#



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。