Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テキストファイルの指定された範囲の行を別のテキストファイルにコピーします。
範囲指定行の接頭語は各言語のコメント書式に準拠。
1 行コメント/複数行コメント の書式が選べる言語は、基本的に 1 行コメントのほうで動作します。

実行例 ①
TextMove "in.cpp" "out.cpp"

・in.cpp
//copy-start
コピーしたいテキスト
をこのように挟む
//copy-end
・out.cpp(実行前)
//paste
・out.cpp(実行後)
コピーしたいテキスト
をこのように挟む



実行例 ②
TextMove "in.avs" "out.avs"

・in.avs
#copy-start
EraseLOGO(logofile="logodata.ldp",
\ logoname="TX",
\ start=4, end=2964)
#copy-end
・out.avs(実行前)
MPEG2Source("xxx.d2v")
#paste
return last
・out.avs(実行後)
MPEG2Source("xxx.d2v")
EraseLOGO(logofile="logodata.ldp",
\ logoname="TX",
\ start=4, end=2964)
return last


対応拡張子
.sh / .r / .pl / .avs / .py / .rb / .c / .cpp / .h / .m / .cs / .java / .js / .php / .coffee / .groovy / .scala / .go / .css / .sql / .hs / .tpl / .f / .tex / .asp / .vb / .vbs / .bat / .jsp / .aspx / .htm / .html / .xml

ダウンロード
>> TextMove_v1.0.0.0.zip

スポンサーサイト
「ライブラリの控え室」をマイナー更新です。


standby_ss2.png


① AviSynth.dll デッドロックによる例外キャッチ(ダイアログ出すようにしただけ)
② DLL リストにファイルサイズのカラム追加(カラム表示変更、ソート処理実装)
③ DLL リスト取得処理をサブスレッド化(伴って進捗バー追加)
④ DLL リストアイテムのアウトフォーカス時、右ペインでの初期化不足を解消
⑤ 「開く...」ボタンでエクスプローラ起動
⑥ なんとなくイメージ色をグラデーションに変更



ダウンロード
StandBy_1.1.0.0.exe

Tag:AviSynth

AviSynth.dll を切り替える GUI を作りました。
バージョンを決めきれない優柔不断な方はどうぞご活用ください。

既存の AviSynth.dll をバックアップする機能はないので、最初にコピーを取っておいてください。

■ 画面キャプチャ


StandBy.png


■ アクセスレベルの設定


AviSynth.dll は重要なフォルダにあるので、アクセスレベルを確認してください。
下の設定画面などで、ログイン中のユーザーへファイルへの権限を与えて当ソフトを管理者として実行するか、権限にフルコントロールを与えれば問題なく動くと思います。

auth_settings.png

context.png



■ ちょっと設定変更


一部の設定は、設定ファイルを直接書き換えて使用してください。

config.png




ダウンロード
StandBy_1.0.0.0.exe

Tag:AviSynth

コマンドプロンプト用文字列操作ツール
ジェバンニが10分でやってくれました。
結果は標準出力します。

indexof(文字位置取得) : 
TextTools indexof [検索元文字列] [検索文字]

substr(文字列切り出し) :
TextTools substr [文字列] [開始位置]
TextTools substr [文字列] [開始位置] [終了位置]

replace(文字列置換) :
TextTools replace [文字列] [置換前文字列] [置換後文字列]


ダウンロード
TextTools.exe


Tag:TextTools

Trim 内の任意の範囲を別の Trim として切り出します。
作業効率がちょっとでも良くしたいと思ったので作りました。


trim_split.png


ダウンロード
TrimSplit_v1.0.rar


aviutl の TrimExport などで得た Trim 文を、再選択する形式のスクリプトをクリップボードに書き出します。
予めTrim文をクリップボードに入れてから起動すれば、自動で読み込みます。

かなり前に作ったんですが、今の作業イメージに合うようにフォーマットを直しました。


実行サンプル
trimshift11.png


メインウインドウはシンプルで小型
trimshift11







完全に個人用に作ったので汎用性もへったくれもありませんが、需要があれば個人設定とかできるようにしますけど、なければこのまま放置。



ダウンロード
TrimShift_v1.1.rar
TrimShift_v1.2.rar


MediaInfo.dll を活用して、D&D されたメディアファイルの情報表示と
x264 のオプション引数を表示する GUI を作成しました。

おまけで エンコード時間などを日本時間で表示。

getStInfoGUI.jpg


使い方は、getStInfoGUI.exe を開いてウインドウにメディアファイルを D&D するだけです。
動作には MediaInfo.dll と putin さんの getStInfo.exe が必要です。

オプション引数形式への変換ルールは、同梱の CSV に定義してあるので
お好みで調整してください。
一応それなりに機能する default.csv と tModビルド用に調整した AQ 特化の aq.csv を同梱してあります。


twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします



ダウンロード
getStInfoGUI v0.6.zip

Tag:MediaInfo 引数 コピー x264 getStInfo getStInfoGUI

173.png


pulldown_mode が 1 ~ 5 の状態 ( フレーム数が 4/5 ) の状態でも
逆テレシネ前のフレーム番号を表示するようにしました。
ですが、実際には 1.25 倍しているだけなので、どのフレームを間引いているかは不確定で、信用できる数字は 5 の倍数のみとなります。


Import("C:\Program Files (x86)\AviSynth 2.5\avs\TrimClean.avsi")
LoadPlugin("C:\Program Files (x86)\AviSynth 2.5\plugins\AntiComb.dll")
/*
EasyPulldownCheck v0.2
by potatosub

pulldown_mode(0-6): 0=no pulldown
1=pulldown(0,2)
2=pulldown(1,3)
3=pulldown(2,4)
4=pulldown(0,3)
5=pulldown(1,4)
6=all pulldown preview
select_trim_num(1-): TrimNumber you want to preview
str_trim: TrimString all
*/
function EasyPulldownCheck(clip clip, int "pulldown_mode", int "select_trim_num", string "str_trim") {
Assert(select_trim_num>=1&&TrimCount(str_trim)>=select_trim_num,"Value of select_trim_num is invalid.")
Assert(pulldown_mode>=0&&pulldown_mode<=6,"Value of pulldown_mode is invalid.")
clip
global select_trim=TrimSelect(str_trim,select_trim_num)
select_trim_so_far=(select_trim_num>=2)?TrimsSelect(str_trim=str_trim, last_trim_cnt=select_trim_num - 1):""
global cnt= \
(pulldown_mode==0&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).FrameCount(): \
(pulldown_mode==1&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(0,2).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==2&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(1,3).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==3&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(2,4).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==4&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(0,3).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==5&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(1,4).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==6&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(0,2).FrameCount():-1
Eval(select_trim)
ConvertToYUY2()
AntiComb(checkmode=true)
ConvertToYV12()
last= \
(pulldown_mode==0)?ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Nothing", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==1)?DoubleWeave().Pulldown(0,2).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(0,2)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==2)?DoubleWeave().Pulldown(1,3).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(1,3)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==3)?DoubleWeave().Pulldown(2,4).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(2,4)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==4)?DoubleWeave().Pulldown(0,3).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(0,3)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==5)?DoubleWeave().Pulldown(1,4).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(1,4)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==6)? \
ShowFiveVersions( \
DoubleWeave().Pulldown(0, 2).Subtitle("Pulldown(0, 2)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(1, 3).Subtitle("Pulldown(1, 3)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(2, 4).Subtitle("Pulldown(2, 4)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(0 ,3).Subtitle("Pulldown(0, 3)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(1, 4).Subtitle("Pulldown(1, 4)", size=90)):last
ConvertToYUY2()
AntiComb(checkmode=true)
ConvertToYV12()
(pulldown_mode==0)? \
ScriptClip(last, """SubTitle("Current Frame (5/5) : " + string(cnt + current_frame + 1), text_color=$ffffff, size=90, y=90*2)"""): \
ScriptClip(last, """SubTitle("Current Frame (4/5) : " + string(cnt + current_frame + 1), text_color=$ffffff, size=90, y=90*1)"""). \
ScriptClip("""SubTitle("Current Frame (5/5) : " + string(Floor((cnt + current_frame + 1)*1.25))+" (About)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*2)""")

ScriptClip(last, """SubTitle("Current Trim : " + select_trim, text_color=$ffffff, size=90, y=90*3)""")
return last
}

function TrimsSelect(string "str_trim", int "last_trim_cnt", int "cnt", string "temp") {
cnt=default(cnt,0)
temp=default(temp,"")
cnt=cnt+1
val1=TrimSelect(str_trim, cnt)
val2=(cnt==1?"":"++")
temp=temp+val2+val1
return (cnt>=last_trim_cnt ? temp:TrimsSelect(str_trim, last_trim_cnt, cnt, temp))
}



twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連リンク
メモ置き場 - 文字列のTrimを編集する関数集
Take-Rのメモ帳 - Avisynth + x264 を用いたTSファイルのエンコード - 下準備7 : 逆テレシネの周期チェック

関連記事
ソフトウェア - EasyPulldownCheck v0.1 (簡単な操作でプルダウンチェック)

ダウンロード
EasyPulldownCheck_v0.2.avsi



引用元:TVアニメ「東京レイヴンズ
©あざの耕平・すみ兵/株式会社KADOKAWA 富士見書房/東京レイヴンズ製作委員会


Tag:EasyPulldownCheck AviSynth 関数 Pulldown TrimClean AntiComb 東京レイヴンズ 大連寺鈴鹿 倉橋京子

自作のプルダウンチェッカーです。
結合された Trim を引数として渡し、select_trim_num で切り替えができます。
クリップフレーム番号(先頭 Trim からの通算)を表示します。
pulldown_mode を 0 にすると、プルダウンなし。
pulldown_mode を 6 にすると、Take-R さんの Pulldown_check.avs と同じように並べて表示します。
必要なものは、TrimClean.avsiAntiComb.dll です。
AntiComb.dll は AviSynth v2.5 以降非対応なので、LoadPluginEx を使ってください。

EasyPulldownCheck.jpg



EasyPulldownCheck(pulldown_mode=2, select_trim_num=3, str_trim="Trim(1,4435)++Trim(6235,22507)++Trim(24307,46333)++Trim(48133,48551)")

上記の要領で、3 番目の Trim をプレビューできます。



Import("C:\Program Files (x86)\AviSynth 2.5\avs\TrimClean.avsi")
LoadPlugin("C:\Program Files (x86)\AviSynth 2.5\plugins\AntiComb.dll")
/*
EasyPulldownCheck v0.1
by potatosub

pulldown_mode(0-6): 0=no pulldown
1=pulldown(0,2)
2=pulldown(1,3)
3=pulldown(2,4)
4=pulldown(0,3)
5=pulldown(1,4)
6=all pulldown preview
select_trim_num(1-): TrimNumber you want to preview
str_trim: TrimString all
*/
function EasyPulldownCheck(clip clip, int "pulldown_mode", int "select_trim_num", string "str_trim") {
Assert(select_trim_num>=1&&TrimCount(str_trim)>=select_trim_num,"Value of select_trim_num is invalid.")
Assert(pulldown_mode>=0&&pulldown_mode<=6,"Value of pulldown_mode is invalid.")
clip
global select_trim=TrimSelect(str_trim,select_trim_num)
select_trim_so_far=(select_trim_num>=2)?TrimsSelect(str_trim=str_trim, last_trim_cnt=select_trim_num - 1):""
global cnt= \
(pulldown_mode==0&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).FrameCount(): \
(pulldown_mode==1&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(0,2).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==2&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(1,3).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==3&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(2,4).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==4&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(0,3).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==5&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(1,4).FrameCount()-1: \
(pulldown_mode==6&&select_trim_so_far!="")?Eval(select_trim_so_far).DoubleWeave().Pulldown(0,2).FrameCount():-1
Eval(select_trim)
ConvertToYUY2()
AntiComb(checkmode=true)
ConvertToYV12()
last= \
(pulldown_mode==0)?ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Nothing", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==1)?DoubleWeave().Pulldown(0,2).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(0,2)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==2)?DoubleWeave().Pulldown(1,3).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(1,3)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==3)?DoubleWeave().Pulldown(2,4).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(2,4)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==4)?DoubleWeave().Pulldown(0,3).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(0,3)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==5)?DoubleWeave().Pulldown(1,4).ScriptClip("""SubTitle("Select Pulldown : Pulldown(1,4)", text_color=$ffffff, size=90, y=90*0)"""): \
(pulldown_mode==6)? \
ShowFiveVersions( \
DoubleWeave().Pulldown(0, 2).SubTitle("Pulldown(0, 2)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(1, 3).SubTitle("Pulldown(1, 3)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(2, 4).SubTitle("Pulldown(2, 4)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(0 ,3).SubTitle("Pulldown(0, 3)", size=90), \
DoubleWeave().Pulldown(1, 4).SubTitle("Pulldown(1, 4)", size=90)):last
ConvertToYUY2()
AntiComb(checkmode=true)
ConvertToYV12()
(pulldown_mode==0)? \
ScriptClip(last, """SubTitle("Current Frame (5/5) : " + string(cnt + current_frame + 1), text_color=$ffffff, size=90, y=90*1)"""): \
ScriptClip(last, """SubTitle("Current Frame (4/5) : " + string(cnt + current_frame + 1), text_color=$ffffff, size=90, y=90*1)""")
ScriptClip(last, """SubTitle("Current Trim : " + select_trim, text_color=$ffffff, size=90, y=90*2)""")
return last
}

function TrimsSelect(string "str_trim", int "last_trim_cnt", int "cnt", string "temp") {
cnt=default(cnt,0)
temp=default(temp,"")
cnt=cnt+1
val1=TrimSelect(str_trim, cnt)
val2=(cnt==1?"":"++")
temp=temp+val2+val1
return (cnt>=last_trim_cnt ? temp:TrimsSelect(str_trim, last_trim_cnt, cnt, temp))
}




twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連リンク
メモ置き場 - 文字列のTrimを編集する関数集
Take-Rのメモ帳 - Avisynth + x264 を用いたTSファイルのエンコード - 下準備7 : 逆テレシネの周期チェック

関連記事
ソフトウェア - EasyPulldownCheck v0.2 (簡単な操作でプルダウンチェック)

ダウンロード
EasyPulldownCheck.avsi



引用元:TVアニメ「東京レイヴンズ
©あざの耕平・すみ兵/株式会社KADOKAWA 富士見書房/東京レイヴンズ製作委員会


Tag:EasyPulldownCheck AviSynth 関数 Pulldown TrimClean AntiComb 東京レイヴンズ 大連寺鈴鹿

あなたのエンコード作業効率を飛躍的に向上させるツール
その名も ATC


ATC とは、DGIndex AVS テンプレート機能を更に便利なものにする補助アプリケーションです。

せっかくなので PR 動画を作りました。
ステマじゃありません。モロマーケティングです。







細かい文字とか見えにくかったら HD 画質に切り替えて視聴してください。
なるべく初見の方でも解かり易いように心がけて作ったつもりですが…拡張編集なんて初めて触ったので四苦八苦でした。


twitter
↑参考になったという方は、是非記事のツイートをお願いします





関連記事
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.0 (AVSテンプレート機能拡張)
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.1 (AVSテンプレート機能拡張)
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.2 (AVSテンプレート機能拡張)
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.3 (AVSテンプレート機能拡張)
ソフトウェア - AutoTemplateChanger GUI v2.4 (AVSテンプレート機能拡張)
雑記 - AutoVFRを使ったATC2のテンプレートの使用例

ダウンロード
ATC2410_GUI.zip

Tag:ATC ATC2 コマンドプロンプト エンコード GUI CLI 自作 C# DGIndex Avisynth



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。